你想找的好書在這裡!
累計出版品總數量:108,773
:::
「この土地この民:台湾の物語」常設展図録

「この土地この民:台湾の物語」常設展図録

書籍介紹

《斯土斯民:臺灣的故事》常設展專刊,嘗試以臺灣人的視角建立主體歷史的收藏與書寫,這將是一條永續未完的探索之路;而展覽,則是路上的一個逗點紀錄。
從「交會」來理解臺灣歷史,在這本展覽專刊中,歷史並不是「已完結的結果」,而是一段又一段未盡的互動過程。比起定義或判斷臺灣的歷史狀態,我們更著重於描述「如何發生」,描述在過程中的各方角色如何涉入角力往來,以及不同位置上的思考觀點。其中,更希望傳達一項重要觀點——「博物館裡沒有標準答案」,歷史的說法不應該只有一個版本,記憶與敘事從來都是多重性、開放性的。本書透過常設展展場上的文物、圖像,搭配插畫解說,努力呈現不常被看見的觀點、不容易被聽見的聲音,期待它們成為博物館的一部分,也成為臺灣歷史的一部分。

目次

目次
所蔵品から見る年代記
博物館マップ
博物館Q&A
建物に隠された文化層
構内の散歩道
について伝えたいこと
CH1.はじめに
台湾、出会いの島
CH2.
最初の上陸
CH3.
海によって生きる島と人
CH4.
山海間での共存と競合
CH5.
新秩序下の苦悩と夢
CH6.
民主化への道
CH7 おわりに
みんなの博物館
児童ホール
自分の手で文化に触れてみる

編/著/譯者簡介

主編簡介/譯者簡介
主編:江明珊 國立臺灣歷史博物館展示組組長
翻訳:鳳気至純平

序言/導讀

序言 台史博2.0誕生:「この土地この民」から「出会いの島」へ 2021年1月、台史博は五年間の議論と十五か月に及ぶ休館、改装工事を経て、館員の努力により、リニューアルした常設展をご来館の皆様に披露することができました。国家三級レベルの機関に昇格、開館十年を迎えた年にこの図録が出版されることは、記念碑的意義があります。 常設展リニューアルは当館の一大事件です。ハード、ソフト両面の工程は、2011年オープン以来「みんなの博物館」としての栄光の歴史を引き継ぐと同時に、そこには10年来の展示を通じて館員達が積み上げてきた経験、知識の結晶が詰まっています。いくつか重要なポイントをご紹介したいと思います。 一、パブリック・ヒストリーの視点:当館は知識の民主化、公共化の観点から、資料収蔵、研究を通じて同時代的精神や社会の脈動に応えてきました。展示や教育活動を通じて、友好、平等の価値観を伝え、様々な人の和解的対話を促していきます。 二、博物館歴史学の新手法:文献史料を主とする従来の実証的歴史研究と異なり、博物館歴史学は文物資料とその展示を核心とします。日常生活やローカルな記憶、社会の対話を重視、歴史の文脈や、歴史の共作、公衆の参加を強調しています。 三、二元的歴史観の対話への省察:当館の常設展は台湾通史をその基本的枠組とし、世界史的な発展だけでなく、市井の小人物のライフ・ヒストリーにも注目します。文物資料や多元的な文脈を通じて、大きな歴史と小さな歴史の弁証的関係を展示します。 四、デジタル技術の応用体験:今回のリニューアルでは、展示に様々なデジタル技術を用いています。当館の貴重な音声資料と3Dデジタル資料を組み合わせることで、五感をフルに使った体験をお届けします。また、展示のバリアフリー化も目標にしています。 「この土地この民:台湾の物語」に親しんだ昔からの来館者の皆様には、リニューアル後の「出会いの島」に加わった以下の特色に注目していただきたいと思います。 一、歴史上の人物の複雑なライフ・ヒストリー:清代平埔の軍官潘踏比厘からパイワン族の少女、228事件、白色テロの被害者陳澄波や柯旗化から日本出身舞踏家李恵美まで、一人一人の命の物語から、島の歴史の転換と生命の輝きを照らし出します。 二、資料寄贈者の歴史物語:「あなたも歴史を書く人です」コーナーでは、寄贈資料である謝招治の絵画作品、陸季盈の日記、陳崧波の写真を通じて、それぞれが見た台湾の歴史風景、軌跡を展示します。 三、歴史事件の多元的ナラティブ:様々な人の声を反映させると同時に、一つの歴史事件に対する多元的な観点を提示します。各当事者の史料や声を用いて、台湾史上における民衆叛乱、戦争、「原住民」、近代国家等のテーマについて省察します 四、見て触って感じる展示:リニューアルにあたり、若い世代の来館者向けに、インタラクティブなマルチメディア・ツールを多用して、歴史事件における原住民、漢人、外国人等異なるグループの関係について解説しました。 「この土地この民」から「出会いの島」へ、台史博常設展のリニューアルは、台湾史や博物館学といった研究分野の成長から成熟への過程でもあります。新しい常設展と昇格後の台史博は、民主化、本土化以降の時代精神のシンボル、「世界の中の台湾」へのチャレンジでもあります。これからも皆様と共に歩んでいきたいと思います! 国立台湾歴史搏物館館長 張隆志

分類

其他詳細資訊

  • 適用對象:成人(休閒娛樂)
  • 關鍵詞:博物館,臺灣歷史,常設展
  • 附件:其他:
  • 頁/張/片數:152

授權資訊

  • 著作財產權管理機關或擁有者:國立臺灣歷史博物館
  • 取得授權資訊:聯絡處室:展示組 姓名:錢乃瑜 電話:06-3568889-2282 地址:台南市安南區長和路1段250號